浮気と不倫

浮気というのは、一般的には、異性と交際していて、交際関係を保ちながらも相手に内緒でほかの相手と交際をすることといったこととされています。
また、不倫についての定義としては、配偶者のある男女が、配偶者以外の相手と恋愛して性交渉に至るというふうに記されていることが多いようです。
そして、配偶者のいない男女が配偶者のいる相手と恋愛して、性交渉に至る場合も含めるとしています。

 

浮気と不倫とはどのように違うかというのがよく話題にされますが、不倫と大きく区別されていないのが現状といえるかもしれません。
要するに、浮気の場合は、配偶者がいるかいないかは問題にされず、不倫の場合のみが配偶者がいるということを前提としているようです。
また、浮気の場合、個々の捉え方によってだいぶ異なってくるということもいえます。
浮気調査の場合も、依頼者が浮気と捉えてしまえば浮気ということになり、浮気ではないと判断すれば浮気とはならないといった側面も持ち合わせているのです。

 

したがって、探偵事務所などで浮気調査の依頼を受ける場合は、依頼相手が浮気についてどのような捉え方をしているかを判断し、きちんと把握しておかなければなりません。
たとえば、恋人同士でそのどちらかが別の相手と一緒にいるだけでも浮気と捉えることもあるわけです。交際まではしなくても、ほかの相手を好きになっただけでも浮気と捉える人もいたりします。その判断を適切に行っていかなければなりません。そういったことからいえば、結局、不倫についても、大きく捉えてしまえば、浮気というもののなかに入ることになります。

 

探偵事務所などで掲げる浮気調査という項目は、不倫調査を含めてのものであると判断してよいでしょう。

 

浮気と不倫関連ページ

浮気を見抜くポイント
浮気を見抜くポイントはどのようなところでしょうか。チェックポイントとしてまず挙げられるのは、相手に浮気がバレてしまった理由に多い、電話、手紙などの連絡先、メモや手帳などです。その他のポイントもご紹介します。
浮気の証拠
浮気をしているようであれば、後々のために浮気の証拠をつかんでおくことが大切です。浮気の証拠としては、メモ、メール、携帯電話の履歴、浮気相手と写った写真、喫茶店のレシートなどが標準的です。
浮気されたときの対処法
浮気された場合の対処法についてご紹介します。早期の対処が早期解決につながります。真実と向き合うことが辛いことですが、まずは決定的な証拠を掴むこと、事実を調べあげること、そして双方で話し合いを持つことなどが大切です。
浮気されやすい女性
男性は浮気する生き物とは言われますが、浮気されやすい女性というのはいるのでしょうか。いるとしたら、こんな女性が当てはまるのではないでしょうか。浮気されやすい女性についての考察です。
夫の浮気予防法
夫の浮気を予防するにはどんな方法があるでしょう。夫が自分と一緒にいることに幸せを感じるようにする、夫にとって自分が魅力的な女性になるようにするなどといった方法がベターではにでしょうか。お互いの信頼関係を普段から築きあげておきたいですね。