離婚の慰謝料

離婚に際して取り決めることには、子供がいる場合の親権や養育費のほか、離婚の理由をつくった夫や妻に対して、精神的な苦痛や肉体的な苦痛を受けた側が請求できる慰謝料といったものもあります。

 

慰謝料は、浮気したほうが支払うといったふうに捉えられがちですが、その原因をつくったのがどちらであるかということも考える必要があり、浮気した側でも支払い義務が生じないケースも少なくありません。浮気が原因で離婚に至るような場合は、どちらか一方に責任があるということ自体が少ないのです。そこで、浮気問題を生じた、あるいは生じさせた責任の度合いで慰謝料の金額は決定されます。

 

慰謝料の具体的金額については、夫婦間で話し合って決められることになりますが、その協議がまとまらない場合は、家庭裁判所の調停、あるいは地方裁判所の判決で決められることになります。慰謝料の金額については、一般的に、支払う側の離婚への意思が強いほど高額になる傾向があり、逆に、請求する側の離婚の意思が強いほど低額になる傾向があるようです。

 

慰謝料については、支払期間、支払金額、支払方法などについて、きちんと決めておくことが重要です。慰謝料を確実に受け取るためには、一括払いという方法をとるほうがいいでしょう。分割払いにするならば、初回の支払い額を多くしておくことです。

 

さらに、協議離婚、もしくは調停離婚の場合は、早期解決を図りたいほうが解決金という形で一時金として支払うこともけっこうあるようです。ところで、この慰謝料については、結婚相手だけでなく浮気相手に対しても、結婚していることを知りながら浮気したのであれば請求できることも覚えておくといいでしょう。

離婚の慰謝料関連ページ

離婚の種類
離婚には法的に決められた様々なスタイルがあります。代表的なのは、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚です。これらについて解説しましょう。
離婚と子供
離婚するに当たり、夫婦の間に20歳未満の子供がいる場合には、親権や養育費について取り決めをしておく必要があります。これらをご紹介します。
離婚の財産分与
離婚に当たり、婚姻生活中に得られた、不動産、預貯金、車などの財産は、生産して分配することになっています。この財産分与について紹介しましょう。
離婚時の年金分割
離婚時の年金分割とは、平成19年4月1日以後に離婚等をして一定条件に該当した場合、当事者の一方からの請求により、婚姻期間中の厚生年金記録を当事者間で分割することができる制度です。
離婚後の問題
離婚後にも様々な問題が発生することがあるでしょう。養育費について相手が支払ってくれないケースへの対処法などをご紹介します。